VORIES VR


Virtual Reality Database of W.M.Vories' Architectural works

当ウェブサイトについて

建築家W・M・ヴォーリズが明治後期~昭和初期にかけて設計した作品群(通称「ヴォーリズ建築」)の保存活用を目的として、現存作品のVR(バーチャル・リアリティ)コンテンツを公開しています。
ヴォーリズが拠点とした滋賀県近江八幡おうみはちまん市を中心としつつ、全国に存在する作品のデータベース化を目指しています。

一般公開されている作品については、現地見学に関する情報もできるだけ掲載しています。 近代建築ファンの皆さまや、建築学生、研究者の方々の参考にしていただければ幸いです。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズとは

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)は1880年(明治13年)、アメリカのカンザス州レブンワースで生まれた建築家・実業家です。

キリスト教伝道のため、滋賀県近江八幡市に英語教師として来日し、建築設計活動を始めました。 日本各地で学校、教会、病院、住宅など多くの西洋建築を手がけ、設計に携わった作品数は1,600以上ともいわれています。

設計活動のかたわら、アメリカからメンソレータムを輸入して広く普及させました。 近江八幡市に本社を置く医薬品メーカー、株式会社近江兄弟社の創業者という一面もあります。

1919年(大正8年)に子爵令嬢の一柳満喜子と結婚。 1941年(昭和16年)、日本に帰化してからは、一柳ひとつやなぎ米来留めれると名乗りました。
戦後、マッカーサーと近衛文麿このえふみまろとの仲介工作に尽力したことから、「天皇を守ったアメリカ人」とも呼ばれています。

1964年(昭和39年)に83歳の生涯を終え、近江八幡市北之庄町にある恒春園こうしゅんえんに眠っています。
その功績から近江八幡市の名誉市民第1号に選ばれ、没後、黄綬褒章おうじゅほうしょう勲三等瑞宝章くんさんとう ずいほうしょう を授けられました。